筋活動(短縮性筋活動)

Leaパーソナルジム 長谷川です。

筋肉の動きにはいくつもの動きが分かれます。

その中でも筋活動は大きく分け3つに分かれます。

本日は、その中の一つ短縮性筋活動についてお伝えします。

短縮性筋活動とは?

収縮力が抵抗よりも大きくなり、筋が短縮することです。

どういう原理かというと、

筋内で発生し、その筋を短縮させようとする力が、腱に加えられている。

またその力は、筋を引き伸ばす外力より大きくなる。ということです。

スポーツ競技でいうと

水泳・自転車はほぼ短縮性筋活動である。とされています。

(コンディショニングCSCS引用)

Leaの筋トレプログラムでもこの考え方を元に、タイプ分けし

メニューを組んでいます。

更に細かく、より分かりやすく知りたい方は、

Leaまでご連絡下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

栄養素(マイピラミッド)

次の記事

筋活動(伸張性収縮活動)