筋活動(伸張性収縮活動)

Leaパーソナルジム 長谷川です。

筋活動シリーズ第二弾といことで

本日は、伸張性収縮活動についてお伝えします。

伸張性収縮活動とは?

収縮力が抵抗より小さい為、筋が伸張される。

筋内で発生し、筋を短縮させようとする力が腱に加えられている、

筋を引き伸ばす外力より小さい。(筋痛・傷害の危険性が増す。

あらゆるトレーニングでウエイトを下ろす動作動作で起こる。

要するに、伸張性収縮が上手く起きないと、

勢いよく地面に対して落ちていく為負荷を支える力が必要になり、

その支える力こそが伸張性収縮ということになります。

(CSCS参照)

 

Leaでは、特に腹筋運動時に伸張性収縮を意識してもらうことが多いです。

他にも色んなトレーングの局面で入れていますが、

トレーニングレベルが高くないと意識できない為、

段階を踏んで説明しています。

 

トレーニング時の導入方法をより細かく知りたい方は、

Leaまでお越しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

筋活動(短縮性筋活動)

次の記事

筋活動(等尺性収縮活動)