足の裏のケアはしてますか?

パーソナルトレーナーの長谷川です。

足の構造

足には、骨が28個有り、その骨を上手く動かす為に

 

筋肉や関節が存在します。

 

また、足の形には、

 

足の指の長さの違いで、

 

親指が長い→エジプト型

 

人差し指が長い→ギリシャ型

 

全ての指先がフラット→スクエア型

 

が有ります。

 

因みに、日本人の7割はエジプト型になります!

 

3つのアーチで動きやすい体を作ろう

また、足には、3つのアーチが存在し、

 

指の末端の関節を横に見た、横アーチ

 

親指の母子から縦に走る、内側アーチ

 

小指の外側からなる、外側アーチ

 

が有ります!

 

この3つのアーチを作り上げることにより

 

疲れにくい・歪みの出にくい体になります。

 

人間の動作は足から

トレーナーでどこを大切にアプローチするかは、

 

大きく変わります。

 

動くという動作で大事になるのは、歩く・走る・飛ぶなど

 

下半身を動かすことが多いです。

 

その足の末端に位置する足裏は、

 

アプローチとしてとても大事になります。

 

まずは、3つのアーチを形成し、

 

足裏のケアを促し、快適で健康なお身体を手に入れましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

怪我をした経験