怪我をした経験

パーソナルトレーナーの長谷川です。

怪我の過去!

野球を9歳から22歳まで14年間続けてきた中で、

 

・両肩の脱臼

 

・野球肘

 

・腰痛

 

・足底筋膜炎

 

・大腿の肉離れ等、多くの怪我を経験しました。

 

なぜ怪我をした?

この経験を振り返ると、

 

オーバーワーク、

 

ウォーミングアップ・アフターケアの不足等、

 

身体への意識の低さと

 

身体の状態として、

 

柔軟性の低さ、

 

左右差の筋力バランス、

 

前後の筋力バランス、

 

上下の筋力バランス、

 

バランス能力の低さ等数多くの問題があったことを

 

引退し、トレーナーとして経験を積んだことで気付きました。

 

怪我の経験から見えたもの!

この経験から、今では現役で頑張るアスリート選手や

 

一般の方に、怪我をしない身体作りを通して、

 

健康寿命を延ばすサポートをさせて頂いております。

 

共に成長し、笑顔溢れる明るい未来へしていきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。