産後の骨盤歪みを改善する方法

股関節が外れる?

こんばんは! パーソナルトレーナーの長谷川 喬史です!

 

本日は、産後の骨盤歪みを治す方法をご紹介致します!

 

産後は、少なからず誰しも歪みを感じるものです。

 

そこで、本日ピックアップしたいのが、

 

股関節が外れる

 

または、ズレている可能性が有るということです!

 

股関節が外れる?どういうこと?

 

それは、日常生活の動きで、

 

一定の可動域しか動かしておらず、

 

筋肉の固さが出てしまい、

 

柔軟性が失われるからです!

 

また、日常生活の動きでは、

 

限られた筋肉量しか使われておらず、

 

負荷が十分に筋肉にかかっていない為、

 

筋力の低下が起き、

 

股関節がズレていきます!

 

評価方法!!

それを確認する、評価方法は、

 

・あぐらをかけない

 

・腰が反りやすい

 

・X O脚になりやすい

 

・膝が捻れてくる

 

・肋骨が開く

 

・体幹に力が入りにくい

 

・前腿が張りやすい

 

・などがございます。

 

どうですか?

 

当てはまることはございましたか?

 

股関節をはめるには、これだ!!

では、どう股関節をはめ込むのか?

 

それは、シェルトレーニングなどの骨盤を安定させた状態で、

 

無理なく動かせる関節可動域でトレーニングを行い、

 

股関節を適切に動かす練習と骨盤周囲の筋肉強化を行います。

 

また、小臀筋(特に外側)が固く張りやすくなります。

 

そこで、筋膜リリースorストレッチで硬さを取り除きます。

 

そうすることで、弱っている筋肉を強め、固い筋肉をほぐすことができ、

 

あるべきポジションに股関節が戻るということになります。

 

産後に関係なく股関節のポジションが悪く、

 

変形性股関節症を発生させる割合は

 

日本人全体で1.0〜4.3%120万人〜510万人

 

男女比は 男性0%〜2.0  女性2.0〜7.5%とも言われています。

 

股関節に違和感・痛みがある方はお早めのご来店をお待ちしております!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。