ストレス性ホルモン(コルチゾール)

Leaパーソナルトレーナーの長谷川です!

 

本日は、タイトルにもある

コルチゾールの働きについてお話ししていきます!

 

まず、コルチゾールとは、副腎皮質から分泌されるホルモンになります!

 

このホルモンは、起床後2時間後がピークの分泌になります!

また、トレーニング中などの体にストレスがかかるタイミングでも分泌されます。

しかし、トレーニングの休憩の時間や、トレーニングのトータル時間でも調整することは可能になるため、ご自身の調子に合わせて調整することも大切かと思います!

 

このホルモンを理解せず、トレーニングを過剰に行う(オーバーワーク)と

・疲労の蓄積

・筋肉の分解

がデメリットとして起こるため、理解が必要となります!

 

メリットとしては、

脂肪細胞の燃焼を促してくれるため

ダイエットや痩身目的には、おすすめと言えます!

 

〜まとめ〜

トレーニングと食事で上手くコルチゾールをコントロールし

心身ともにバランスの良いボディラインを手に入れましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

腰痛予防ストレッチ

次の記事

連動性トレーニング