筋トレ後に体重が増える理由!

Leaパーソナルトレーナー

長谷川です!

今回は、ある一つの疑問について解決していきたいと思います!

それは、タイトルにもある

(筋トレ後に体重が増えるということです)

トレーニングをされている方は誰でも一度は、感じたことがあるのではないでしょうか?

 

体重を減らしたいことが目的で、

今日は沢山筋トレをして、沢山ランニングもした!

これは、1kgは減っているだろう!

しかし、帰宅して体重計に乗ると

減るどころか、増えている!

えーーー!!!

ウソーーー!?!?!?

もう運動するのやめよ!

このような体験をされたことがある方は多いかと思います!

 

安心してください!

そして焦らないで下さい!

体重が増えることには、理由があります!

それは、

筋トレで消費されたグリコーゲンを肝臓や筋肉に再び蓄積する時、グリコーゲンの3倍の水が必要になります。 つまり、筋トレ後は水分が細胞や組織に取り込まれる量が増えるせいで体重が増えてしまうからです!

因みにグリコーゲンとは、

動物が体内で作る炭水化物の一種で、特に肝臓・筋肉などに含まれる。エネルギー代謝に必要な物質です!

 

体には、未だ解明されていないことも多いですが、

理論付けられ、かなりの確率でこうなるといったデータも多いです!

 

ただガムシャラにトレーニングをすることは、卒業し、

知識を付け、自身の為になる運動をしてみませんか?

 

あなたが、理想のお身体に近づけることを

全力でサポート致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。