巻き肩改善

Leaパーソナルジム長谷川です。

本日は、巻き肩の改善方法をお伝えします。

 

巻き肩の改善でオーソドックスの流れとしては、

凝り固まった胸の筋肉の弛緩(筋肉を緩める)と

弱った背中の筋肉の強化が上げられます。

そこに今回は、ワンポイントアドバイスとして

肩甲挙筋アプローチをお伝えします。

肩甲挙筋の作用としては、

肩甲骨の挙上と肩甲骨の下方回旋になります!

何が言いたいかというと

肩甲骨の下方回旋という動きは、

言わば、巻き肩の逆の動作になり、

肩甲挙筋を上手く動かすことが

巻き肩改善に効果的ということです!

 

首周りは神経の密集痴態でアプローチしづらいですが、

ゆっくり反動をつけずにストレッチまたはトレーニングを行ってみてください!

プラスで筋肉の線維方向に動かせると効果は上がります!

 

是非お試し下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

カエルストレッチ

次の記事

眼精疲労改善