解剖学からみる肩こりアプローチ

Leaパーソナルジム長谷川です!

3投稿連続で、肩こり解消アプローチをお伝えします!

今回の筋肉の部位はこれです!

はい!

大円筋になります!

前回、小円筋じゃなかった?と思われた方もいるかと思います!

そう、円筋には、大小あるのです!

具体的に動作メリットは、

肩関節の伸展・内旋・内転作用があり

40肩・50肩の原因に強く影響を持ちます!

大円筋も小さい筋肉ですが、

上手くアプローチするととても効果が高いので是非

筋トレ・ストレッチ・筋膜リリースなどでお試しあれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。