肩こり改善を解剖学で説明

Leaパーソナルトレーナーの長谷川です!

日々のデスクワークで凝り固まった肩周り!

マッサージに行っても良くならない!

整体に行っても持続力が無い!

そんな方も多いのではないでしょうか?

そもそも肩こりを根本改善していくためには、

体を温め、筋肉を緩まし、鍛える必要があります!

 

そこで本日は、筋膜リリースやストレッチでアプローチしたほうが良い

筋肉の部位をご紹介します!

 

棘下筋は肩関節との動きに非常に関与している部位であるのと同時に

ローテーターカフと呼ばれる肩甲骨と上腕骨を繋ぐ

肩周りの動作では欠かせない筋肉である!

 

多くの肩こりのお客様を見てきましたが、

慢性の肩こりにはまずこの筋肉が関わっています!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。