年齢・性別でみる柔軟性!!

Leaパーソナルジム 長谷川です。

 

本日は、柔軟性の定義の一つをお伝えします。

 

柔軟性は、筋力向上・ダイエットにも効果がある為、 

 

情報の一つとして覚えていただけたらと思います。

 

高齢者のリスク!!

柔軟性にとっての高齢者とは、

 

世間一般の高齢者(65歳)ではなく

 

体力年齢・筋力年齢のことを指します。

 

また柔軟性は、年が上がれば上がるほど落ちていきます。

 

そして、体力的に高齢者と言われる75歳以降から

 

骨の石化

 

繊維症

 

が始まります。

 

多少個人差はありますが、平均的にこのタイミングで起こります。

 

こうなる前に、柔軟性を高め、

 

健康寿命を伸ばしましょう!!

 

仮に柔軟性が落ちたまま歳をとった場合、

 

病気になるリスクが跳ね上がります。

 

私は、まだ若いから大丈夫と思っている方も

 

学生時代・幼少期のことを思い出してみて下さい。

 

比べてみると、かなりの衰えを感じるかと思います。

 

男女の違い!!

そして、1番抑えてほしいのが、

 

男女の柔軟性の差になります。

 

人間の体の作りは、

 

平均的にどの世代でも 

 

女性の方が柔らかくできています。 

 

筋力では、ホルモンの関係上

 

男性の方が優位に働きますが、

 

筋力が高く、柔軟性が低いという体を想像してみて下さい!

 

どうなると思いますか?

 

答えは簡単です!! 

 

怪我のリスクが跳ね上がる!!です。

 

周りで腰が痛い・膝が痛いなどの

 

痛みを訴え出すのは男性に多いと思いませんか?

 

勿論女性でも体の不調はありますが、

 

女性の場合は、筋力の衰えから来るものが多いです。

 

気になった方は、セルフチェックとして

 

素早くモモ上げをしてみて下さい!!

 

動作中に

 

・突っ張る感じがする

 

・早く動かせない

 

・関節が鳴る

 

などの症状がある方は、

 

体が硬くなっているサインです!!

 

健康的に長くいるためにも、

 

まずは体を柔らかくしましょう!!

 

#健康パーソナルジム名古屋東区#痛み改善ジム名古屋#柔軟性向上名古屋ジム#肩こり改善#運動機能改善#アスリートトレーニング名古屋#プロ選手名古屋パーソナルジム #老若男女名古屋パーソナルジム #

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。